スティーズ AIR TW

Pocket

どうもこんにちは!!

ダイワの新商品が続々と発表になりましたね♪♪

前回のジリオン10.0SVTWに引き続き

今回は、、

「スティーズ AIR TW」

 

(以下メーカーサイトより抜粋)

次世代ベイトフィネス

フィネスを極めた超小口径AIRスプール搭載

フラッグシップ「STEEZ」、遂にベイトフィネス専用機が登場。フィネスを極める超小口径φ28mmG1ジュラルミン製AIRスプールを搭載。異次元の超小口径スプールは、今までのベイトフィネス機よりも軽いルアーへの対応力を増し、フィネスの概念を覆す。超高速に回転するスプール性能を最大限に生かすTWSシステム、コンパクトボディによる自重のメリットはまさに新次元のベイトフィネス機としての歴史を変えるだろう。

・・・

個人的にはコレですね。。

凄いリール出して来たなと!!

正直ダイワの商品戦略としては有り得ないスペックだと思いますw

だって他のベイトフィネスリール売れなくなりますし!確実に現行のベイトフィネスリールの全てを置き去りにすると思います。。

何年か前に私はブログでスティーズAIRが出ないかなぁ?と書いた記憶があるのですが、遂にこの日が来ましたね☆

ダイワの商品サイトを見ると、、

目に飛び込んでくるのは

KTF開発協力の文字。

いや、確かにダイワの商品戦略的には他売れなくなっちゃうし、ここまでベイトタックルについて詳しい開発者はメーカー内には居ないでしょう。

KTFのサワムラさんしか居ないと思います。

ちなみにサワムラさんは以前2、3年前?にキャリルのショップでお会いした時は

「ベイトリールにPEは巻いちゃいけない」

と仰ってました。

私はその時「全然使えますし、寧ろレスポンス上がって最高ですよ」と直接サワムラさん本人に言った記憶があります。他にもベイトPEのメリットをお伝えしましたが、どこか今ひとつな反応だったのを覚えています。

しかし、、

何処でお考えが変わったんですかね?笑

サワムラさんの11月26日のブログではPE使いを押し出しています。

おそらく超小口径スプールのデメリットにお気づきになられたのかと。

そうです。超小口径スプールにモノフィラメントラインを巻いたことによる細かい巻ぐせ問題。モノフィラメントラインはどうしても釣行を重ねるたびに巻ぐせがつきます。それが超小口径スプールになるとトラブル確率の上昇、パフォーマンスの低下に繋がります。

一方でPEを巻いた場合は、基本的にPEは巻ぐせがつきにくいのでその心配はありません。

こういった変化をサワムラさんはご自身で考え、柔軟に対応、開発出来るところがやっぱり凄いなと思います☆

■■StreamDriver的な見解■■

近年の超ハイギア化による巻き取り長の維持とマグブレーキの特性とメリットを最大限に活かした超小口径スプール、、コレは完全に成功なやつですw

バスボートにスピニングは本当に必要なくなるでしょうし、渓流のルアー釣りには革命を起こすと思います。

投げたことないのでハッキリとは申し上げられませんが、素晴らしいスキッピング能力をスティーズ AIR TWは発揮すると思います⤴︎⤴︎

何故ならスプールが超小口径ならばスプール回転が放出ラインを超えることが難しくなるからです。

常にブレーキを弱くかけながらも放出ラインがスプールを追い越すことが少ない。つまり、ラインテンションをかけながら急制動に対応しつつ、スプールを回転させることが出来るからです。

もうオーバーハングの下へのスキッピングは奥の奥まで、ストラクチャーの際まで、サミングを駆使しながら強烈なアキュラシーを発揮することと思います。

もう一度言います。

とんでもないリール出してきたなと!!

KTFのサワムラさんのような、ベイトタックルを真に理解した人が作るリールはマジでやばいっす!!

ボートフィッシングメインの方にとっては

スティーズ AIR TWが3台くらいあっても全然良いんじゃないでしょうか☆笑

ただし、、

あくまでもそれはボート上でのキャスティングの話。

というのも、リールも淡水専用となってますし、海で使う方も少ないと思いますが、オープンエリアで使うメリットはないかなという印象。

それこそ、超小口径スプールが仇となります(^◇^;)

全てのスペックに適材適所はありますからね☆

あと如何に良いリールであっても、、

メーカー希望本体価格68.000円。。笑

最大ドラグ力3.5㎏のリールがこの値段かぁ、、ってのが私自身の正直な感想です。

でも最高スペックのベイトフィネスリールが欲しい方にとっては夢のようなリールが発売決定になったと思います!!

「スティーズ AIR TW」

買うか分かりませんが、とんでもなく気になるリールです!!

最後になりますが、、

対抗するシマノにも遠心ブレーキの特性を最大限に活かせるようなモノ作りをお願いしたいところです♪♪

でわまた!!

釣具ならAmazon

Yahoo!ショッピング

ないものはない!お買い物なら楽天市場

スティーズ AIR TW” に対して13件のコメントがあります。

  1. hrs より:

    早速のお返事ありがとうございます。また連投となっていたようで申し訳ありません。

    ご助言のおかげで理解を深めることができました。ベースはダイワのマグ機を考えていましたw絶対的な飛距離も捨てがたいですが、シチュエーション的には50〜60メートルが安定すればというところですのでもう少し悩んでみます。

  2. stream-driver より:

    ありがとうございます☆
    最近になってようやく色んな方に見てもらえて来たなと実感しています(^^)徐々にベイトタックル人口が増えて楽しい道具がもっと出ますように♪
    遠投に関して言うとスプールが軽い方が飛ぶというよりか、軽い力で飛ぶと思って頂けると良いかもしれないです☆
    軽い力で飛ぶ=安定して飛ぶ=ずっと1日遠投出来る的な感じです。
    飛ばすリールになるとある重量からほぼ飛距離は変わらなくなってきます。
    その中でスプール径、スプール重量、ブレーキ設定を煮詰めていく感じです。
    ダイワのマグブレーキはスプールを軽くし過ぎるとマグの力が足りなくてトラブルもとになります。(私の場合)
    そして逆に言うと誰でもそこそこ飛ばせるのはマグです。ただ他者を圧倒できないのもマグです。
    バーサタイルスプールのもとのリールがメタニウムでしたら面白いことになると思いますね☆

  3. hrs より:

    いつも楽しく拝見させてもらってます。

    スティーズAirいいですね。つい最近アルファスktfスプール買ったので食指は動きませんが…。

    ベイトシーバスに興味があり色々調べていましてご質問があります。
    遠投もスプール重量は軽い方がいいとの認識でよろしいでしょうか?先述のktfスプールの使い心地に感動しましてこちらのバーサタイルスプールを入れてベイトシーバスを始めようか迷っております。
    ロッドやブレーキバランスなど要素は様々あるかと思いますが、ご助力頂ければ幸いです。

  4. hrs より:

    いつも楽しく拝見させてもらってます。

    スティーズAirいいですね。つい最近アルファスktfスプール買ったので食指は動きませんが…。

    ベイトシーバスに興味があり色々調べていましてご質問があります。
    遠投もスプール重量は軽い方がいいとの認識でよろしいでしょうか?先述のktfスプールの使い心地に感動しましてこちらのバーサタイルスプールを入れてベイトシーバスを始めようか迷っております。
    ロッドやブレーキバランスなど要素は様々あるかと思いますが、ご助力頂ければ幸いです。

  5. stream-driver より:

    確かに欲しいですが、この値段ですよね(^◇^;)とんでもねぇ
    定価で買うと消費税で安いリール買えちゃいそうですw
    個人的にはオカッパリの現状でKTFアルデに満足しているので、ボートやる予定ない限りは静観してしまいそうです、、
    でも…ほすぃ……笑

  6. stream-driver より:

    3.5キロではリバーの魚には不安ですよね!
    現存リールとの住み分けは結果的には出来そうですね☆
    スティーズAIRの衝撃はシマノにも衝撃を与えていると思うので、今後のベイトリール市場が楽しみですね♪
    20アンタレス、、12アンタレスの衝撃クラスで出してほしいなぁ⤴︎⤴︎

  7. しのさん より:

    これはめっちゃ欲しい!来年出るインテ64用に買おうと思ったが、値段!実売いくらになるか分からないがアルデバランbfsの倍近いw定価で買ったら税込7万?と思うとちょっとなぁ。かっこいいし欲しいけどアルデバランbfsにできないことができるようになるとも思えないし…でもかっこいい……

  8. マコト より:

    ドラグとスプールの耐久性が問題ですが
    ボートでのバスには本当最適ですよね(^ ^)

    トラウトに関しては恐らく北海道での渓流で
    使うにはドラグが特にですが弱いと思ってます。
    引き続きCT、アルデバラン、カルコンBFS、LTZ辺りが使われていくのではないでしょうかね( ^ω^ )

    しかし、スプールの径といい
    ブランキング具合といい
    パンチのあるリールが出てきましたね。
    シマノもムキになってアンタレスでアホみたいなリール出してこないかなw

  9. stream-driver より:

    シマノのFTBモデルはローターがない分、かなり軽量した仕上がりになってあるので、かなり評判も良かったですよね!
    CT、KTFスプール、AIRの流れで逆に取り込まれたユーザーもいるでしょうね☆笑
    ドラグ3.5で使用して徐々に落ちてくるのを考えるとベイトの強みを活かせるリールとしての寿命が心配になりますね(^◇^;)スプールの強度も
    動画見ました、スプールのブランキングの感じがまた更に軽量化を意識してそうな感じですね!インダクトローター自体の軽量化は無さそうですね。っかしヤバイでしょうねコレはw

  10. マコト より:

    連投失礼します!

    今AIRの動画を見てたんですが

    スプールのインダクトローター辺りが
    まんまKTFと造りが、というか
    素材自体も同じ感じがしますね。
    (黒のインダクトローターでした)

    https://m.youtube.com/watch?v=Gwatu1RSuww

  11. マコト より:

    そうですね、ユーザー的には少し不満が出る所はあるやもしれませんね。
    アルデバラン、カルコンBFSを使用していて
    CTが出てKTFからスプールがリリースされたから機種変した人はいるだろうし…。

    ただ、現時点で最高のリールには違いないので、これからAIRがリリースされたらオクには結構CTが出てくるでしょうね。

    ドラグに関しては…シンゴさんも察していると思いますが、これ以上負荷を掛けられないのだと思います。
    アルファスAIRみたくスプールを大胆にブランキングしていると思うので、きっと過負荷でスプールが歪むんでしょうね。

    なのでトラウトでもどうなんでしょうね。
    50up、60upのレインボーが下流に走ったら…正直3.5キロのドラグじゃあねぇって人はいるでしょうね。

    とても怖くてAIRは使えないかもしれないです_(:3 」∠)_

  12. stream-driver より:

    どうもです!
    きっとCTの構想の段階でスティーズAIRの話は来てたんでしょうね☆
    そしてトーナメントで使ってコレはいけると♪
    スティーズAIRに並ぶものは現時点皆無でしょうね!サワムラさん的にはトーナメントで使いたかったって経緯なんですかね?
    ダイワ的な流れだと此処までのリールはなかなか発売しないと思うのですが、、
    遠投では無く、ボートのベイトフィネスを極めたモデルですね!ただ、コレは私もボート乗るなら是非とも使ってみたいリールです☆
    バスのオカッパリ一本のタックルには決してならないですが、渓流の人のは待ちわびていたスペックだと思います。
    スティーズHLCですか!?これ以上は根本の技術を変えないとダイワベイトリールの遠投は厳しそうですよねw

  13. マコト より:

    お疲れ様です!

    そうですねぇ、フィネス機としては
    ダイワは本気の、間違いなく1番を獲るリールを作ってきましたね!
    正直、AIRはチェックすらしてなかったんですが…KTF開発協力となれば
    KTFとしても今後のスプールやらの開発に役立つでしょうが…果たしてwin-winな状況だったんでしょうね?
    折角、CT用のスプール出して物凄い売れ行きなのに。

    そんな話はさておき
    フィネス機としては本当にこれ以上ない仕上がりですよね。
    当然、フィネス機ですから遠投の必要性も無いのでボート上でのピッチング、スキッピングが主体だろうから。
    ライトリグで遠くへ飛ばしたい普通の方は
    黙ってスピニングを選ぶでしょうし。

    僕は普通じゃないですけどねw

    いやー、12アンタレス買う前に
    一瞬だけ2chで話題に出たスティーズ HLCが
    出るなら買ってたかもしれないですが
    早々にAIRが濃厚みたいな話になってたので
    スティーズ HLCに期待するのを止めた経緯があります(^ ^)

    さ、シマノはどうなんでしょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)