一誠 PEスプール″スティーズATW HLC″インプレ

Pocket

※今回のネット公開の記事ではザックリした一誠 PEスプールのインプレをお伝えします。

実際の飛距離測定の結果や私の″本音″のところは

有料記事「遠投対決!! スティーズATW HLC vs 18アンタレスDC」にてご覧いただけます。

(一度購入された方は何度でも閲覧可能です) 令和4年2月22日追加記事

遠投対決!! スティーズATW HLC vs 18アンタレスDC ps.ブラックベンダバール使用

下記の購入ボタンから決済いただいた後、入力されたお客様のメールアドレスへ有料記事を送信します。

返信されたメールを開封し、別途管理者から送信されるパスワードを入力することにより、お読みいただくことが可能です。

【ご注意】

・ベイトタックルの使用については、各個人の知識や技量にもよるので、この記事の効果や購入者の結果を保証するものではありません。

・閲覧制限はございません。一度ご購入いただければ何度でも閲覧可能です。

・本記事の内容を転載することは固く禁止されています。

・購入後のページを購入者以外の方が閲覧することは固く禁止されています。

・購入完了メールを転送することは固く禁止されています。

・別途購入者様のメールアドレスに所定のパスワードを管理者から送信いたしますが、もしもパスワードが届かない場合は管理者にお問い合わせください。

¥550

どうもこんにちは!

今回は

一誠 PEスプール″スティーズATW HLC″インプレ

ということで

村上晴彦さん率いる「一誠」から発売になった

スティーズATW HLC搭載可能の ”超遠投PEスプール” のインプレをお伝えしたいと思います♪

前回の記事をご覧頂いた方や

日ごろスティーズATW HLCをご愛用の皆さんは

スティーズATW HLCのポテンシャルはよくご存じとは思いますが

この度はそのポテンシャルを更にパワーアップさせるべく、購入にいたりました☆

このスプールについてよくご存知では無い方のために村上晴彦さんの動画を貼っておきますね(^^)

如何でしたでしょうか?

この動画を見てしまうと、、

スティーズATW HLCのポテンシャルを更にパワーアップさせる

一誠謹製″PE専用″スプールの効果を確かめてみたくなりませんか?!

そう

私もその効果を知りたくなってしまった1人なのです、、笑

ということで、、

どん!!

一誠 PEスプール到着!!

(以下メーカーサイトより抜粋)

【issei × SLP WORKS】

村上晴彦監修PEライン専用遠投SPスプール

フィッシングターゲットの多様化とPEラインの普及に合わせ、PEラインでの遠投を目的として専用セッティングが施されたスペシャルスプール。2種類のばねを搭載することでキャスト後半のもうひと伸びを可能とするMAG-Z BOOSTブレーキをベースに、極薄インダクトローターを採用する等、PE仕様に最適化。よりスムーズなキャストフィールと遠投性能の向上を実現しました。

■自重(ベアリングを除く): 14g

■標準巻糸量(PE): 1.5号-250m、2号-180m

■スプール径: 36mm

■素材: G1ジュラルミン

■ブレーキ: MAG-Z BOOST PEチューン

■対応機種: STEEZ A TW HLCシリーズ (スプール径: 36mm、スプール幅: 24.0mm)

■装着可能: 径36mm、幅24.0mm、スピードシャフト・ゼロシャフトスプール搭載のリール (TDジリオンシリーズ等)

※本品はSTEEZ A TW HLCシリーズ専用に開発されています。TDジリオンシリーズ等にも装着可能ですが、STEEZ A TW HLCシリーズとマグネットが異なり磁力が弱いため、マグダイヤルの設定値が変わったり、本来のキャストフィールにならない可能性があります。

スプールスペックの第一印象としては

敢えてノーマルスプールと同じラインキャパシティにしたのかは分かりませんが

「どうせなら少しラインキャパシティは変えても良かったのでは?」

と私自身は思いました。

皆さんはどう思いましたでしょうかね(*´з`)?

【ノーマルスプールと一誠PEスプールの比較】

先の説明のとおりですが、スプールの内径の太さは横から見たところ変化ないです。

つまり、、実は

スプール単体自体はカラーやデザインのところ以外”ほぼ”変化がありません(^-^;

一方で

インダクトローターを見ていくと、、

ノーマルと比較すると一誠 PEスプールは

インダクトローターの厚さがかなり薄くなっています。

理由としては

PEラインを使用する前提なので、総スプール重量が減少することにより、適正ブレーキ力を下げることが出来るからです

インダクトローターのバネレートについて言うと

一誠 PEスプールのバネレートとしてはほんの気持ちくらいですが、ノーマルと比較すると弱くなった気がします。

(キャスト後半にローターが外側に残り易い)

それぞれのスプールのブレーキ曲線としては、、

【ノーマルスプール】

インダクトローター 厚い

バネレート 強い

【一誠 PEスプール】

インダクトローター 薄い

バネレート 弱い

このような関係となります。

どっちが初期から終期までブレーキが強い、弱いとかいうことは正直分かりかねますが

一誠スプールは

「初期ブレーキをPE対応にして、急なブレーキ変化が苦手なPEラインに対応させた」

と言うことが出来るのではないでしょうか。

【スプール重量の比較】

ノーマルスプール 16.39g

一誠 PEスプール 15.88g

ご覧のとおり、インダクトローターが薄くなった分?

一誠 PEスプールの方が0.51g軽くなっています。

PE2号 180m巻いてみると、、

ノーマルスプール 24.83g

一誠 PEスプール 24.27g

このような重量となります。

(一誠 PEスプールの方が0.56g軽い)※誤差0.05gアリ

じゃあ実際のキャストフィールや飛距離はどのくらい伸びるのか?

ということですが、、

ノーマルスプールと一誠 PEスプールのキャスト、飛距離の計測結果については

前回記事

遠投対決!! スティーズATW HLC vs 18アンタレスDC

の有料記事版に詳しく記載しています。(令和4年2月22日追加)

一度ご購入頂いている方はご購入時のメールから何度でも閲覧可能となっているため、是非ご覧下さいね☆

遠投対決!! スティーズATW HLC vs 18アンタレスDC ps.ブラックベンダバール使用

下記の購入ボタンから決済いただいた後、入力されたお客様のメールアドレスへ有料記事を送信します。

返信されたメールを開封し、別途管理者から送信されるパスワードを入力することにより、お読みいただくことが可能です。

【ご注意】

・ベイトタックルの使用については、各個人の知識や技量にもよるので、この記事の効果や購入者の結果を保証するものではありません。

・閲覧制限はございません。一度ご購入いただければ何度でも閲覧可能です。

・本記事の内容を転載することは固く禁止されています。

・購入後のページを購入者以外の方が閲覧することは固く禁止されています。

・購入完了メールを転送することは固く禁止されています。

・別途購入者様のメールアドレスに所定のパスワードを管理者から送信いたしますが、もしもパスワードが届かない場合は管理者にお問い合わせください。

¥550

→StreamDriver チャンネル登録

 

釣具ならAmazon

Yahoo!ショッピング

ないものはない!お買い物なら楽天市場

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)