19アンタレスのマニア向けなインプレ②

Pocket

さて、シリーズでお届けして来た19アンタレスのインプレの続きです。

キャスティングテストの結果を受けて、、

皆さんは正直なところ、どんな感想でしょうか?

私自身はリールスペックからもう大体結論は出ていましたが、正直なところ

「意外に19アンタレスやりよる!!」

という感想ですwW

少し19アンタレスのポテンシャルを甘く見ていました(;^_^A

それくらい、最新のリールの技術が上がっているのだということなのですね♪♪

今後の新商品が楽しみで仕方ないです☆

さて、今回は「19アンタレスのマニア向けなインプレ②」ということで、先日のキャスティングテストを踏まえた結果、19アンタレスはどう使っていったら良いのか?について考えてみようと思います。

それでは、まず

19アンタレスの長所と短所についてまとめてみます。

19アンタレスの長所

◼️高いパーミング性

◼️高剛性

■シルキーな巻き心地

◼️そこそこ?優秀なキャスト性能

■キャストサウンドは静か(サイレントチューン)

19アンタレス短所

◼️ハイギアまでしかない

■ナロースプール化したことによるスプール痩せ

■ナロースプール化したことによる巻き取り感覚のズレ

◼️ラインキャパシティが微妙

◼️リールをコンパクト化したのに重い

◼️ドラグ力が弱め

■スプールポテンシャルと最大限にした結果、遠投時に外的環境因子(雨、風)への対応力が低い。

これらの要素を総括すると、、

ヘビーユースに活かせる、高いパーミング性と高剛性のリールにも関わらず

ラインキャパが少なく、ギア比も中途半端、しかもドラグ弱い。

つまり、、

「ロケットを作ったのに、宇宙には行けません!!」

と言わんばかりのリールでございます。笑

じゃあ何用になら使えるのか?

ジャークやトゥイッチ、アクションをつけるような小型ミノー、小型トップウォーターなどを近中距離で1日使い倒すような釣りに向いていると思われます。しかし、とてもじゃないが個人的にバーサタイル機としての地位は与えられませんw

また、スプールポテンシャルについての話を付け加えますと、、

ブレーキとスプールの関係が

19アンタレスは親友関係

カスタム12アンタレスが親子関係

という感じなのです。

19アンタレスが対等にスプール回転をブレーキ制御するのに対し、、

12アンタレスはブレーキがスプールを大らか^_^に包み込むような安定感。風が吹いたら子供が無理しないようにお父さんが大きな力で制御してくれます。

スプールポテンシャルを最大限に引き出すブレーキセッティングですと、様々な外的環境因子への対応力が低くなる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

じゃあ、、どのようにカスタムして行けば、19アンタレスを1軍のスーパーリールにすることが出来るのでしょうか?

19アンタレスをスーパーリールへ、、

①スプールを軽量化する。

個人的にはPE2号150mほど巻けるので、ラインキャパシティ的な使い道は結構あると思います。そのため、ラインキャパシティはそのままに、スプールの軽量化を希望します。

これから購入を検討している方は、スプールを低慣性にしたというインパクトが強すぎて、実際には1gしか軽くなっていない事実を注意すべきと思います。

「スプール側面のブランキングはどうした!?」

2016年にメタニウムMGLが発売したときには正直私も「その手があったか!!」と感嘆したのです。

スプールのどこに重さを集中させるのか、、そこに納得する理論があったのです。だかろこそ、今年1月にスプール側面のブランキングが19アンタレスのスプールに施されていないことに衝撃を受けました。

あの説明、あの理論は何だったのかと、、

②スプールとブレーキの関係を親友関係から親子関係にする。

やはりスプールとブレーキの関係は、ある程度余裕のある関係でないといけないと思います。

飛距離を出すための19アンタレスの今のブレーキ設定は外的環境因子に大きく左右されてしまいます。19アンタレスが巷で扱いづらいと言っている方の気持ちも分からないではないです。ダイワやアブのマグブレーキの方が圧倒的に使い易く飛距離がでます。

ただ!!マグには決定的に最大ブレーキ力が足りないので、遠投するためのスプールの軽量化には限界があるのです。前にもお伝えしましたが、それがシマノが遠投形のベイトリールにFTB(マグブレーキ)を採用しない理由、そして各社がマグブレーキのベイトリールのスプールをこれ以上軽量化しない、できない理由の一つです。

だからこそ、遠心ブレーキの19アンタレスにはそのポテンシャルがあるのです。

きっと19アンタレスはスプールをより軽量化することにより、十分なブレーキバランスを得ることが可能になると確信しています。

今後の各社のカスタムスプールに期待したいところであります。

③ギアのハイギア化

これはまだ19アンタレスが使えるリールになってからの話ですが、折角の剛性を活かして、よりハイギア化したいです。ギアのサイズが適合すれば、現実には可能なので、19スコーピオンや16メタニウムなどのギアを取り寄せて、19アンタレスに移植できるのではと考えています。

④ドラグ強化

これまたドラグ力が剛性と比較して低くなっているので、その辺も強化出来たらと思います。これも将来的にはパーツ表と睨めっこする必要がありそうですw

以上①~④のように19アンタレスをカスタムすると、今後スーパーリールすることが出来るのではと思います。現時点では必要なパーツはないですが、、笑

Stream Driverの結論

19アンタレスは今のままでは使い道がないが、カスタム次第で1軍リールに食い込む可能性や高いポテンシャルを感じさせるリールだった。

ってか12アンタレス凄すぎでしょ(^^;

最後になりましたが、先日行ってきたシーバスファイト動画を短い動画ですが載せます。

今年も秋が近づいて来ましたよぉ↗↗(^^♪

釣具ならAmazon

Yahoo!ショッピング

ないものはない!お買い物なら楽天市場

19アンタレスのマニア向けなインプレ②” に対して2件のコメントがあります。

  1. stream-driver より:

    12カスタムアンタレスとエクスセンス∞の組み合わせは最強ですよ☆
    今実は最強のライバルを誕生させようとして奮闘中で、そろそろソレが完成します♪
    最強なのは実際、マグと遠心を組み合わせることなんですよね!FTBと遠心を合わせるような機構が出来れば、状況は変わってくるのですが、、(^◇^;)
    新しいリールってワクワクしますよね!

  2. しのさん より:

    次のアンタレスに期待ですかねw
    12アンタレスとエクスセンス ∞でメバル用のプラグが投げれる驚きwアベイルスプールの恩恵ですが20m〜30mくらいは飛ぶので足元の魚拾うには使えますわ。

    私事ですが最近アブのビッグシューターWM60買いました。あの遠心とマグブレーキどっちも機構なかなかいいですわ。初速はマイルドに、飛行中は程よくていい感じです。まぁこのリールはゴツすぎて1オンス以下のルアーは投げるのきついですが。
    シマノにもこの面白ブレーキ付けてくれたら実験で買ってみたいんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)