インダクトローター カスタム

Pocket

先日の真・ベイトリール頂上決戦で少し触れましたが、決戦前に手持ちのジリオンTW用の36mmレイズスタジオスプールのインダクトローターをカスタムしました☆

決戦結果でも分かる通り

最新のジリオンTW(一誠)を差し置いて⤵︎⤵︎笑

アンタレスに次ぐ、バーサタイル性能を発揮したのは

・カルカッタコンクエスト200(カスタム)

・ジリオンTW(レイズスタジオ)

どちらも甲乙つけ難かったです。

今回はレイズスタジオのスプールのインダクトローターをどうカスタムしたのか具体的に説明します。

正直かなりキャストフィーリングが改善し、最後まで失速なく飛ぶようになったのでレイズスタジオのスプールをお持ちの方、今後購入の予定のある方にはオススメします♪

カスタムしたのは主に2つ

①インダクトローター交換

が元々のレイズスタジオに付いていたインダクトローター

がレイズスタジオで別に販売している軽量インダクトローター

この軽量かつ薄いインダクトローターに変えることにより、インダクトローターがよりレスポンスよく動くようになります。横からの写真を撮り忘れてしまいましたが、この軽量インダクトローターの方が元のインダクトローターと比べて横の長さが数㎜長いです。

これを交換して実際にブレーキ力がどうなったかというと、、

最大ブレーキが上がり、ブレーキの強弱の幅が上がった。

最強アンタレスか究極ジリオンか

②インダクトローターのバネの交換

がもともとのレイズスタジオのバネ

がダイワZのバネ

理想としては元々のレイズよりは強いバネ、ただ前に試したHLC程強過ぎないバネ。

ジリオンの逆襲

色々とパーツを実際のリールを触って検討した結果、採用しようと感じたのはダイワZのバネでした。

まとめ

この2つのパーツを交換したことにより、PE専用に相応しいメリハリのあるブレーキを実現出来たと感じていますし、実際に結果にも反映出来ました☆

やはりキャスト時に回転しやすいペンシルの代表であるスネコンのルアー姿勢を安定させるだけのブレーキをかけると、後半の抜けが悪く飛距離は伸びませんでしたが、、笑

そういう意味で遠心ブレーキの爆発的最大ブレーキと後半の抜けるブレーキは、マグブレーキには真似出来ない芸当だなと確信しました。

それはマグフォースZを搭載した一誠スプールにも言えることでした。

投げやすいルアーばかり投げるのでしたらマグブレーキで十分ですが、投げにくいルアーを遠投したいシチュエーションがある方には遠心ブレーキやDCブレーキを強くオススメします。

ってもサミングで対応可能ですがねw

ちなみに、、

レイズスプールをマグフォースZ化出来ないものかっていうカスタムも考察しましたが、、

コチラの写真をご覧下さい。

(※なかなか見れない写真ですよ?笑)

インダクトローターを取り外したレイズスプールのスプールシャフト

インダクトローターを取り外した一誠スプールのスプールシャフト

マグフォースZのスプールシャフトにはエアブレーキのスプールシャフトにはない、小さな穴が空いているのです。

この穴が無いとレイズスタジオのスプールをマグフォースZにカスタムすることは出来ません。

実は

本当ならレイズスプールに一誠スプールのマグフォースZを取り付けてやろうと妄想していたのですが、断念したのですww

・・・

今回少しマニアックなダイワリールのカスタム話になった感じがありますが、、笑

私からすると以前から知りたい内容(ネットで検索しても出てこない)なので、マニアには堪らんだろうなって思ってたりします(^。^)

是非カスタムの参考にして下さい!!

ではまた!!

釣具ならAmazon

Yahoo!ショッピング

ないものはない!お買い物なら楽天市場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)