キャスティング~挫折~

Pocket

こんにちは!

前回の「真・ベイトリール頂上決戦」は皆様見て頂けたでしょうか?

自分で言うのも可笑しいですが、なかなか骨の折れる作業を繰り返し、フルキャストを繰り返しましたので沢山の人に見て頂けたら嬉しいです☆笑

ルアーは無くすことはほぼありません(30gジグを一つ無くしました。。)でしたが、ラインの痛み方は想像以上に早かったです(;^ω^)

今回、、

「キャスティング~挫折~」というタイトルでお送りしますが、、

実は前回のこのルアーの飛距離。

トライデント115S
3投平均 78.2m
・・・

実はこのトライデント115Sは、、

飛距離80m、、この表記

スピニングタックルで投げている飛距離かとは思いますが

正直、、80mまで飛ばせませんでした。。(当日コンディションもありますが)

今まで80mは飛んでいるだろうとタカをくくっていましたが、今回ラインカウンターを使用して計測したことにより、現実を突きつけられた形です(;・∀・)

実際の釣行では飛距離で劣勢と感じることはここ数年なかった私にとっては味わったことのない、、

そう、、

「挫折」です。

バイブレーション、ジグ、ではスピニングに引けを取らない、むしろミノーやペンシルなら、ルアー姿勢を安定させやすいベイトタックルが有利だと、思っていたのです。。

しかし、2mの差の現実。

たかが2mと思うか、、?

100回キャストすれば200mの魚を逃すことになります。

つまり、、

2mも飛んでいないのです( ゚Д゚)ナニッ

この日を境に、私は自分自身のキャスティングを見直すことにしました。

スピニングキャストにおけるコツの動画やブログはネットにはありますが、ベイトタックルのおける遠投技術に関する情報は少ないと思いますし、参考になるかと言われれば個人的な理論とは乖離している部分も多いので実は私は参考にしていませんでした。

現時点でのベイトキャスティングのコツ(遠投)として私が思っていることを羅列してみます。

■ルアーの重みをロッドに乗せる

キャスティングの基本だと思いますが、ルアーごとに垂らしの長さを決める上で感覚的に大切にしていることです。

■キャスティング軌道を長く(フォームを大きく)

より前から、より後ろまで腕を伸ばして、肘を高く振り切る。

■体の軸を意識して、パワーは軸に沿わせる

ロッドを体の中心から離さない。引き手を意識する

■重心移動

体の重心を前から後ろへ、より下へ、インパクト時には重心を前へ、より上へ

■下半身から力が自然に伝わる意識

より力を溜める、溜め切るイメージです。

■ロッドはワンフィンガーで握る

ワンフィンガーで握る理由は手首の角度にあります。より浅く握ることによって手首に力が入る。

ベイトキャスティングで飛ばない人の原因は、、

単純に言えば「腕だけで投げている」ことが大きな原因だと見ていて思います。

もしベイトタックルで飛ばないと悩んでいる方がいたら自身のキャスティング動画を撮ってみることをオススメします。

・引手の肘が体の軸から離れていないか?

・引手の肘が低くはないか?

・体の重心移動が出来ているか?

・フォームが小さくないか?

・下半身からよりパワーを溜めてキャスト出来ているか?

実際に体全体を使うキャスティングフォームをマスターすると、自然とダブルフィンガーでなく、ワンフィンガーでしっかり握り込む必要性に気づくと思います。(ダブルフィンガーでは力が足りない)

以上を集約して、「腕だけで投げている」と表現しています。

と、、?

まぁ偉そうに語っていますが、、wW

すみません、話を戻します。

シマノ表記より、2m飛んでいないのです(;^_^A

この挫折を味わい、この課題を解消すべく、新たにキャスティングフォームを見直しました。

「ジグでは飛ぶのに、ペンシルでは飛ばない」

個人的に重いバイブレーション、ジグでは飛距離にそこまで課題はなかったと思っています。

しかし、20gのペンシルでは2m飛ばない。

何が原因だと思いますか??

つまり、、

20gのペンシルではロッドを曲げ切れていない。

重いルアーではロッドを曲げられているのに、中級ルアーでは曲げ切れていない。

と推測できました。

そのため、中級ルアーでもロッドに重みを最大限に曲げられるようなキャストフォームに変更します。

今回、具体的に見直したフォームは足の向き

たかが足の向き、されど足の向きwW

たったこれだけの変更で、、

トライデント115S

5投平均 83.52m!!

80m Overを連発できるようになりました!!

(当日コンディションか??笑)

個人的な感覚としては、、

今まで培ったことが活かされた「新・キャスティングフォーム」になったと思います。

ベイトキャスティングって奥が深いですねw

これに加えて、ロッド、リールで全然違うんですからね(^_-)-☆

新しいキャスティングフォームについては、具体的に書いたりするのは難しいので、動画にしたいと考えています。

ですが、、

現状妻が妊娠中、そして子供2人の状況では頼むことも出来ず、、笑

機会をみて今後記事にしていきたいと思います☆

ちなみに小時間ですが釣りにも行ってますw

ですねぇ~♪♪

釣具ならAmazon

Yahoo!ショッピング

ないものはない!お買い物なら楽天市場

キャスティング~挫折~” に対して2件のコメントがあります。

  1. stream-driver より:

    どうもです☆
    スネコンはやっぱ投げにくかったですww
    カルコンのポテンシャルはやはり強くブレーキかけてもスプール径のお陰で飛距離伸びますね!そのアンタレスとの微妙な関係をスネコンは教えてくれました!
    この前釣り場で実際に新しいキャストフォーム試したんですが、少し現実的でない感じがしたので、若干コンパクトに改良しようと思います、、笑
    今年出るらしい?ロングロッド楽しみですね☆

  2. しのさん より:

    リアルで80m越えは流石です!自分は60mくらいしか飛んでないんじゃないかなぁ。
    シマノのやつは10フィート越えの竿で投げてるだろうからエクスセンス ∞のロングロッド出ればさらに飛ぶかもしれませんね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)