最強アンタレスか究極ジリオンか

Pocket

ジリオンの逆襲の続きとなります。

先日施したジリオンのインダクトローターの交換

果たしてその効果は?

今度こそ打倒アンタレス!!

[決戦ルール](第1ラウンドと同様)

キャストしてルアーの着水点からロッドティップまでの長さを測定していきます。

今回使用するのはいつものラインカウンター

単純にリールの性能自体を比較したいため、不意にサミングしたりした場合は記録ナシとします。

記録はキャスト手応えがありつつ(私個人の感覚)ノーサミングキャストで飛んだ飛距離を各ルアーごと3回計測しました。

使用するロッドはエクスセンス∞ 806M/R

(ロッドは両者統一、もしかするとロッドの固さで結果に変化があるかもしれませんが、、)

比較するルアーはコチラ

上から順に

①ウェイキーブー112(30g)

重量系、飛行姿勢が回転しやすいルアー代表

②ノガレ120F(6.5g)

軽量系、飛行姿勢が回転しやすいルアー代表

③コアマンゼッタイジグ(30g)

空気抵抗を受けにくく、飛行姿勢が安定しやすいルアー代表

ルアー飛距離は当然投げるルアーの性質にもより、飛距離が変わってくるので、これら3種の性質の異なるルアーで飛距離対決をしてみます。

最強究極の遠投バーサタイルの王座を掛けた

ベイトリールの頂上決戦

第2ラウンド(第1ラウンド「ベイトリール頂上決戦」

最強アンタレス

VS

究極ジリオン

第2ラウンド開幕!!決戦当日は右からの横風でした)

第1回戦 ①ウェイキーブー112(30g)

アンタレス1投目(62.8m)

アンタレス2投目(58.4m)

アンタレス3投目(59.0m)

ジリオン1投目(56.5m)

ジリオン2投目(58.3m)

ジリオン3投目(59.1m)

まとめ

アンタレス3投 平均 60.1m

ジリオン3投 平均 58.0m

2.1m アンタレスの勝利!!

第2回戦②ノガレ120F(6.5g)

アンタレス1投目(32.8m)

アンタレス2投目(33.5m)

アンタレス3投目(33.4m)

ジリオン1投目(34.0m)

ジリオン2投目(30.2m)

ジリオン3投目(32.5m)

まとめ

アンタレス3投 平均 33.2m

ジリオン3投 平均 32.2m

1.0m アンタレスの勝利!!

第3回戦③コアマンゼッタイジグ(30g)

アンタレス1投目(107.4m)

アンタレス2投目(113.4m)

アンタレス3投目(113.1m)

ジリオン1投目(109.6m)

ジリオン2投目(107.3m)

ジリオン3投目(110.9m)

まとめ

アンタレス3投 平均 111.3m

ジリオン3投 平均 109.3m

2.0m アンタレスの勝利!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

~結果発表!!~

当日のコンデションが

第1ラウンドが右前からの向い横風だったのに対し

第2ラウンドでは右からの横風で前回よりも条件が良かったため、全体を通して少し飛距離が伸びました。

ブレーキ設定もそれに合わせて少し変えてあります。

ジリオンが逆襲するも、、アンタレスの全勝。。手強い(^^;

①ウェイキーブー112(30g)

重量系、飛行姿勢が回転しやすいルアー代表

アンタレスの方が前回3.4m飛ぶ→今回2.1m飛ぶ

②ノガレ120F(6.5g)

軽量系、飛行姿勢が回転しやすいルアー代表

アンタレスの方が前回2.1m飛ぶ→今回1.0m飛ぶ

③コアマンゼッタイジグ(30g)

空気抵抗を受けにくく、飛行姿勢が安定しやすいルアー代表

アンタレスの方が前回0.7m飛ぶ→今回2.0m飛ぶ

結果はこうなりましたが、、

感覚的にはジリオンのインダクトローターを変更した手ごたえは間違いなくあり、初期のブレーキの効き方とルアー姿勢の安定感、後半の伸びは間違いなく上がりました!

しかし、コンデションが良い時の遠心ブレーキの化け方が予想以上にあったというのが本音です。当日コンデションが向かい風だったなら、その差は限りなく少なくなりそうという感覚です。

ここで!!

ルアーを色々投げ比べた結果、、

遠心ブレーキとマグネットブレーキの飛距離差が最も生まれやすいルアーが分かりました。(ジグやバイブレーションはそこまで差が生まれない。)

おそらくジリオンは何をしてもアンタレスに勝てないであろうルアー

軽中量ルアーで飛行姿勢を崩しやすく、滞空時間が長いルアー

つまり、、

ルアーとしてのスタンダード、基本中の基本。

「ミノー」です。

ベイトリール頂上決戦(番外編)

最強アンタレス

VS

究極ジリオン

[決戦ルール]

細かいことはなし。

最強アンタレスがサクッと出す飛距離を、究極ジリオンが超えれば良い。

ジリオンはキャスト回数無制限、サミング使用も可。

つまり!!

なりふり構わずアンタレスを超えろってことですw

投げるルアーは、、

■ダイワ ショアラインシャイナーZ 120F(19g)

きっとダイワ同士ルアーとリールの相性も良いはず、、笑

番外決戦開幕!!

最強究極王者「アンタレス」65.2mサクッと投げてw

さぁ何回投げて超えられるか?

挑戦者「ジリオン」

キャスト、計測、ダメ

キャスト、計測、ダメ

キャスト、計測、ダメ

全然ダメです(;^ω^)敵わない。。飛んで58mちょい。

ついにサミング開放か、、

キャスト、計測、ダメ

キャスト、計測、ダメ

キャスト、計測、くそぉ

キャスト、計測、くそぉぉ

キャスト、計測、くそぉぉぉ!

キャスト、計測、くそぉぉぉぉ!!

キャスト、計測、、、

くっそぉぉぉぉ!!!!!( ゚Д゚)

バチン!!!!!

さようならz、、、(´;ω;`)ウッ…

挑戦者「ジリオン」59.4m(サミングあり)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

軽~重量のどんなルアーもストレス、トラブルなく近場、大遠投までを可能にする最強究極バーサタイルベイトリールは、

「カスタム12アンタレス」お前が王だ。。笑

釣具ならAmazon

Yahoo!ショッピング

ないものはない!お買い物なら楽天市場

最強アンタレスか究極ジリオンか” に対して4件のコメントがあります。

  1. stream-driver より:

    そうですね、、ただ現状で12アンタレスはかなりのスペックを達成していることは確かで、たとえNEWアンタレスでも超えることは難しいと思います(^_^;)
    むしろブレーキシステムを一新する何かを期待してしまいます☆
    まだこれからですが、実はまだ終わらないのです、、笑

  2. 腕なし釣り師 より:

    アンタレスを超えるのはやはりアンタレスなんでしょうかね(笑)いつか、37mmスプールnewスプール、遠心アンタレス出てほしいですね。
    廃盤になってしまった12アンタレス・・・・。
    いつか、修理もきかなくなるんだろうなぁ(泣)
    ただ、ジリオンカスタムも中々なスペックだと思いました(^^)
    とても楽しかったです!

  3. stream-driver より:

    マグブレーキのカスタムはそんな感じしますねwしかし、バネが変わるとここまで変わるかとは思いました!
    重いルアーはぶっちゃけ、何のリール使っても沢山飛ぶ気がします☆なので、ジグとかオモリを投げて何メートルっていうのはあまり参考にならないですよね。笑
    やっぱミノー、軽いプラグを投げてこそ、リールの性能差は顕著になりますね(^ ^)

  4. しのさん より:

    こうやってみるとカスタムしても数字上ではあんまり現れないですねwフィーリングは良くなるんでしょうけども。軽いルアーとかはだいぶ投げやすくなりそうですが、重めのルアーはあまり影響なさそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)