ベイトタックルの手返しについて

Pocket

ベイトタックルの手返しの良さについて今回は語っていきます☆

ベイトタックルはスピニングタックルと比較してよく釣り人から

「手返しが良い」という噂??を聞いている方も多いと思います。

具体的に手返しというと

「ルアーを投げて回収してから次のキャストに入る一連の動作のスピードが早いこと」

という意味があります。

バスフィッシングでは特に手返しの良さからベイトタックルを選択される方も多いです。

それではシーバスフィッシングにおいてはどうでしょう??

一見すると、リバーの橋脚などでナイトゲームをする時などにおいては、その手返しの良さからくるメリットは実感しにくいかもしれません。

しかし、ラン&ガンで組み立てていく釣りでは、手返しの良さがあると、いち早く魚とのコンタクトが出来ます。

シーバスという魚は居着きの個体もいますが、基本は回遊魚ですから、魚とのコンタクトが唯一の情報と言っても過言ではありません。

これは大きなメリットですよね♪♪

では何故ベイトタックルはスピニングタックルと比較して手返しが良いのでしょうか?

答えは

ベイトタックルは、クラッチを切るという1つの動作のみで、ルアーの垂らしの長さを調節し、キャストを開始出来るから。

一方で

スピニングタックルでは、垂らしの長さをベールを返して調節し、ラインを持ってキャストするという2つの動作が必要になるから。

そして!!

ここは意外と知られていないことかもしれませんが、、

ベイトタックルではスピニングタックルでは当たり前とされているペンデュラムキャストを殆どしません。

如何にルアーの重みをロッドに背負わせるかがキャスティングの肝であり、腕への負担が少ないのもベイトタックルのメリットなのでペンデュラムキャストをする必要がないというのが正しいかもです。

ペンデュラムキャストを聞いたことがない方のために

見ての通りですが

キャスト動作開始から動作終了までかなり時間がかかっていますよね?

ベールを返して、ラインを持って、ルアーを前方に振り出して、後ろから振り抜く。

「これが普通」と言われれば

違和感はないかもしれませんが、私自身の感覚からすると手返しの悪さを感じずにはいられません。

この度、ベイトタックルの手返しの良さがなるべく伝わるように動画を撮影してきたため、どうぞご覧ください!(^^)!

投げているのはミノーです。

なるべく手返しの良さを皆さんに感じていただくために、リトリーブ直後からのキャスティングを心がけています☆

皆さんもベイトタックルを使用して、強烈なマシンガンキャストで他のアングラーを圧倒されてみては如何でしょうか!?笑

ではまた!!!

釣具ならAmazon

Yahoo!ショッピング

ないものはない!お買い物なら楽天市場


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)