ロンジン IGK96 徹底 インプレ

Pocket

どうもこんにちは!

今回は

2021年1月にロンジンから発売の

″IGK96″

を先日購入し、実際に使ってみたので

ロンジン  IGK96 徹底 インプレ

ということで、皆さんにご紹介したいと思います☆

商品コンセプトはご覧のとおり

「動かないルアー!!

そしてその名前はまさかの

IGK(i字系)、、(^^;

ちょっとどーなんだろ?このネーミングセンスと思いながらも

店舗で新作と見たら

試してみたくなるのが世の情け、、

買っちゃうよね(^^;;

中でもセレクトしたカラーは″チャートグリーンパール″

以下、メーカーサイトより

泳ぎ
まるでアルファベットのIを書いているような、一切横振れのしないストレートに動くI字系アクション。スローリトリーブではV字波紋を出した水面直下攻略、水をつかませてレンジを入れてからのスロー~ミディアムリトリーブでは一定層を直進移動するベイトを演出。リップの効果で横風を受けた状態でも表層レンジに粘り強くキープしつづけることが最大のメリット。バチ抜け、稚鮎、ハク、サヨリなどの細身微波動ベイトの偏食パターンにも有効です。
飛び
浮き姿勢を左右するリアウエイトを絶妙な位置に配置し、アクションにも重要な背びれとの相乗効果で安定した飛行姿勢と飛距離を実現。軽量フローティングミノーですが、ストレスなく投げられます。

以前から

i字系のルアーというのは他のシーバスルアーでも、「ブルーブルーのラザミン」「エバーグリーンのオネスティー」ってルアーは以前からありましたよね☆

私自身、上の2種類のルアーに関してはそこまで信じていないというか、あまり使わなくなってしまったルアーです(^◇^;)

【ブルーブルーのラザミンについて】

しかし、正直自分としてはタフな状況でi字系を使いたい!にもかかわらず、着水後にロッドを煽る動作がどうもしっくりこず(割とロッドを煽らないとウエイトが戻りません)水面引き波系の細身ルアーであれば、他に優秀なルアーは沢山あるしなぁ・・・

ということで

ラザミンはi字系と引き波系の両方の強みがあった故に、逆に使いづらいと感じてしまったルアーで今は殆ど使わなくなってしまったのです(T . T)

【エバーグリーンのオネスティーついて】

これも私自身の感覚ですが、使っていてi字系独特のスローに動かない以外の使い方も出来なくて、何だかつまらないルアーだなぁ、、という印象になってしまい、あまり使っていませんでした。

しかし!!

後ほど説明しますが、

新発売のロンジンのIGK96は!!

i字系としての使い方に特化しているにも関わらず

″それだけではない″

楽しさを持ったルアーであったため大変気に入りました☆

※私は全くメーカーとは関係ない人間なので、フラットに自分の感想を述べています

使い方については

巻き速度の変化で引き波系とi字系(水面直下20cm)の両方に対応出来るようになっています。

ウエイト変化でアクションを使い分ける訳でもないので、キャスト後に可変アクションが付けられるのは良いですよね♪

具体的に言うと・・・

着水後の巻き始めは引き波アクション

そして速度を上げて、i字系アクション

浮かせて流して

またゆっくり引き波、速めてi字系

そして引き波に戻して、、

と使い分けられるのはルアーとして嬉しいというか、狙って釣りをしてると思えるので楽しいですよね!

【実際にIGK96を使用しての釣果】

ご覧のとおり真冬のシーバスもイチコロです☆

その食い方も迷わず食いに来てる感がありますよね(^^)

釣果としては写真に残していない魚も沢山で、1日でフックがボロボロになるほどでした、、笑

ふと釣れたシーバスの口の中を見てみると

捕食にていたベイトは、、

このサイズのカタクチイワシ。

凄い、、

まさにマッチ • ザ • ベイト

恐るべし、、IGK96!!

間違いなく釣れるルアー確定でした(^^♪

・・・

そして!!!

ここからが私がオススメしたいIGK96第3の使い方・・・

”リーリングジャークによるスライドアクション”

IGK96は引き波系とi字系の両方のアクションを可逆変化させながらも

リーリングジャークをすることで、スライドアクションも出せてしまうんです!

メーカーは特に何もスライドアクションについて触れてはいないので、もしかすると個体差?なのか私のルアーだけなのかもしれません。そのためリーリングジャークによるスライドアクションを保証するものではありません。

(おそらく、、ルアーにリップとキールが付いていることにより、高速リトリーブに対応させたことが影響しているかと)

それでは

実際のIGK96の紹介&アクションについて動画を撮ってきたのでご覧下さい↓↓

ご覧になりましたでしょうか?

リーリングジャークによる細身微波動ベイトのパニックアクション(スライドアクション)!!

これにより使うアングラー自身が狙ってアクションさせることで

シーバスの捕食スイッチを入れることも可能になりそうですよね☆

【ロンジンIGK96のまとめ】

このようにロンジンから1月に発売したIGK96は

i字系ルアーとしての動かない!!アクションだけでなく

リーリング速度の変化で引き波系スライドアクションまで出すことができます。

そのため

とてもタフなコンディションの中でも

ルアーアクションの楽しさを味わうことの出来る唯一無二に近い?ルアーの1つではないかと思うのです。

このルアーが売れても全く私の得にはなりませんがw今回非常に釣れる良いルアーだと思ったためご紹介させて頂きました!

ではまた!!

→StreamDriver チャンネル登録

釣具ならAmazon

Yahoo!ショッピング

ないものはない!お買い物なら楽天市場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)