アナログベイトリール界最強”12アンタレスXG”をアップしました☆

Pocket

どうもこんにちわ!

タイトルのとおりですが、、

YouTube

アナログベイトリール界最強”12アンタレスXG”をアップしました☆

今回は実際のところの動画の補足?裏話的な内容でお届けしていきます☆

思えば

私が12アンタレスを購入したのは2015年ごろだったかなと記憶しています。

調度ベイトシーバスをやりたくて始めたのが2012年

ベイトキャスティングが下手くそで全然釣りにならず、常に釣行に行っては反省を繰り返していました。

当時はベイトフィネス全盛期であり

あまりにも釣れないことから「ルアーを小さくすれば釣れるんじゃないか?」

とベイトフィネスリールを海で使っては、海水のメンテナンス方法も分からず、リールを何台もダメにしました。

さらに当時のベイトリールの遠投に関しては

”スプールは重い方が飛ぶ”

これが常識だったんですよね。

色んな場面で私が「スプールは軽い方が飛ぶ」と言っても、信じてもらえなかった記憶があります。

それが今やスプールの軽量化、低慣性化が極限まで進んでいますよね。

当時「スプールが重い方が飛ぶ」と言われていた背景には

軽量スプールに対応できるブレーキシステムが無かった

これに尽きます。

そして今でも一部のベイトリールはスプールを軽量化することを敢えて辞めていますよね。

強度の確保と言いますが、現実には「制御しきれない」そういうことだと感じています。

ベイトタックル初心者であったころはマグネットブレーキリールには大変お世話になり

初心者を脱却してきたころから遠心ブレーキの凄さに気が付きました☆

昔は遠心ブレーキなんてトラブって使えないと思っていたのに、、笑

それに気づかせてくれたのが

15カルカッタコンクエスト

そしてそれを更に昇華させたのが

12アンタレスでした。

9年も前なのに未だに物凄いポテンシャルを持っています。

今回のYouTubeの動画の構成としては

・12アンタレスの簡単な紹介

・12アンタレスのカスタムについて

・12アンタレスの飛距離について

・現時点での12アンタレスの使用用途

この4つについてお伝えしていますが

やはり動画ではなかなかニュアンスは伝わらないなぁ、、というのが正直なところです(^^;

動画と撮影し終わってから

「あっ、これも言わなきゃいけなかった!」

「いや、でもコレ以上時間の尺が無いぞ」

そんな問題に直面していますし

情報量としては、ブログ記事の10分の1程度になってしまうなと感じています。。

ただ、現時点での私のYouTube作成能力はまだまだ未熟なため

今後より良いYouTube動画を作成できるように試行錯誤していきます。

ここでザッとではありますが、動画の内容の補足等々が出来たらと思い以下に記します。

■12アンタレスの簡単な紹介

12アンタレスの魅力として挙げられるのは

①リールボディの質感

滑らかで、かつシットリした鏡面塗装が施されており、触った人のみが感じられる極上の所有感。

そのボディデザインは9年経った今でも、見劣りすることはありません。

②高い剛性感のある巻きと、元祖キャストキングの飛び

37㎜の大口径スプールを搭載し、遠投はもちろん、シマノハイエンドリールとしての巻き感も保証されている

③鏡面ボディ

鏡面ボディは情景を映し出す。写真にすれば唯一無二のカラーとなるインスタ映え感ww

■12アンタレスのカスタムについて

ハンドル(リブレ フェザー95)

ハンドルノブ(15カルコンハンドルノブ、18アンタレスDCMDハンドルキャップ)

ハンドル回りを極限まで軽量化し、キャストスピードをアップさせている。

→リールのセンターバランスについて

ギアのXG化(7.8:1)

ドラグ強化

→12アンタレスのドラグ強化

→12アンタレスXG BFS & MD降臨

サイドカバー取り外しカスタム

海水使用時のメンテナンス性の向上のため、サイドカバーのEリングを外している。

これにより、ボディの細かいところまでリール洗浄することが可能に

※12アンタレスのサイドカバーにはシャフトが付いているため、ブレーキ調整時に、サイドカバーを落としてしまう心配も殆どありません。

最新式の第3世代SVS∞搭載

最新式のSVS∞に交換することにより、キャスト軌道のノビが得られ、ブレーキ調節幅がこれまで以上に広がります。

端的に言って、良いことしかありません。

今回の動画ではよ~く見ればその秘密が分かるかもしれませんww

超軽量アベイルスプール搭載

現時点での販売は終わってしまったようですが、超軽量アベイルスプール搭載が付いています。

ブレーキユニット内のブレーキシュー加工

多くのルアー、外的要因(風、雨など)に対応できるようにブレーキシューを加工しています。

→究極のアンタレス誕生

■12アンタレスの飛距離について

アナログベイトリール界最強(遠心ブレーキ、マグネットブレーキ)

”最強”という意味はライトルアーからヘビールアーまでの対応力(適応力)が広く

多くのルアーをストレスなく、遠投することが可能ということです。

今まで多くの飛距離対決をしてきました。

■現時点での12アンタレスの使用用途

超軽量大口径スプール、トラブルレスなブレーキ、ギアXG(最大巻き取り長91㎝)高剛性リールボディを活かして

キャストモーションの少ないようなピッチング(打ち物)メインに使用しています。

通常使用でもとてつもないポテンシャルを持ったリールであることはご存知と思いますが

今は手元に最強の

18アンタレスDCMDがあるため限りなく1軍に近いサブリールとして君臨しています。

実はここだけの話

今年発売の21アンタレスと12アンタレス

どちらが最強のサブとなるか楽しみにしているのです♪笑

(所有する18アンタレスには敵わないと思っています)

以上、今回はYouTubeの動画

アナログベイトリール界最強”12アンタレスXG”

の補足的な内容でお届けしました!

皆さんの今後のリールカスタムの参考としてください。

YouTubeのチャンネル登録、よろしくお願いいたします☆

→StreamDriver チャンネル登録

釣具ならAmazon

Yahoo!ショッピング

ないものはない!お買い物なら楽天市場

アナログベイトリール界最強”12アンタレスXG”をアップしました☆” に対して4件のコメントがあります。

  1. stream-driver より:

    りうぢさん

    はじめまして!いつもありがとうございます♪
    南房サーフがホームだなんて羨ましいwかなり最近調子良いと噂聞いてます!
    テラス、特に浅草ら辺は色々厳しくなっちゃいましたもんね、、ちょっと前は良かったのに(^◇^;)
    丸型リールは性能云々では語れない良さがありますよね!
    残り2台も丸型かな?笑

  2. りうぢ より:

    どもども、浅草のオヤヂです。ホームグラウンドは南房総のサーフですが、非常事態宣言期間中は浅草にて自粛してます。柳竿様に感化されて1年前からベイト道にハマりました。

    道具は全て南房の家に置いてありますが、ベイトタックルいぢりたくて、ベイトリール4台と港湾用ダイワ89MLBだけはこっちに持ってきてます。
    隅田川テラスで投げようと思いましたが、ウォーキングの人が多くて、ここ1ヵ月はチャリで荒川堤防に通ってます。

    柳竿様に12アンタレスの購入について相談したところ、DCの大径スプール機が良いとのことで20カルコンDCHGにしました。
    それから丸型に惚れて12カルカッタ201も追加しました。残りの2台は秘密です。

  3. stream-driver より:

    kojiさん
    お久しぶりです☆この時期はバス厳しいですよね!以前はナイトスモールもやってましたが、モチベーションが、、笑
    海では最近ボートメバルとカサゴに癒やしてもらっています(^^)
    有料記事は自分の中では上手く使わせてもらってます☆やはり苦労して見つけたことだったりは簡単には教えたくないですし♪良い商品はすぐに無くなってしまう時代ですからね。。
    タトゥーラ300良いですよね!どなたかがYouTubeでキャスト時のスプールの動画を挙げて下さったので、大体の性能は知ることが出来たので助かりました!ホント良い時代ですよね〜❤︎

  4. koji より:

    lお久しぶりです♪ メインのバスも釣れず、最近はベイトで管釣りに逃げてました笑 たまに海に行きましたが…でw 有料記事が増えてしまいましたが同じベイト使いとして応援しております! タトゥーラ300xhl+ブリストマリノで今日投げて来ましたが、メタルジグですが向かい風でも安定してました😁 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)