リールのセンターバランスについて

Pocket

どうもこんにちわ!!

皆様、前回と前々回

12アンタレスDC 飛距離

18アンタレスDCMD 飛距離

の記事を見て頂けましたでしょうか?

飛距離比較をした結果は

僅差ではあるものの

軽いルアーは18アンタレスDCMDの勝利

重いルアーは12アンタレスDCの勝利

通常考えられる大口径スプールの方が重いルアーは有利という常識をある意味覆すものでした。

・・・

私はこの結果を受けて自宅で

どうしてだ?

なんでだ?

を自問自答する日々を送っていたのです。

そして2つのリールを比較すること数日

スプールレスポンスについては18アンタレスが若干有優れてはいるものの、、殆ど変わらない

スプールは12アンタレスDCの方が小径だが、重量はある。

スプールの重量の問題か?

いや、たかだか0.1gの重量差でそこまでの回転、慣性に影響はあるのか?(スプールベアリングは同一)

重いスプールの方が飛ぶのか?

いや、経験上ブレーキが同一の場合それは考えられない。

そして数日考え続けた結果

私が考え出した結論は

そう!!

リールのセンターバランス

こちらをご覧ください

12アンタレスDC

18アンタレスDCMD

リールのセンターバランス自体は写真では少し分かりにくいのですが

リールの自重は18アンタレスDCMDの方が僅かに軽く、

リールのセンターバランスは12アンタレスDCの方がリールフット中央に近いのです。

それは

ショートハンドル、軽量ノブを搭載した12アンタレスDC

ロングハンドル、大型ノブを搭載した18アンタレスDCMD

であるため仕方ないことだと思います。

次に極端な例を挙げると

15カルカッタコンクエスト

リールのセンターバランスがギアボックス側にズレて、リール自重もかなり重くなっています。

こういったリールは正直キャスティングには向かないと感じています。

何故なら

大きな力でキャストしなければならない場面であればあるほど、力を使うし、タックルが重く、バランスが悪いほど、キャストにブレが生じるからです。

※村田基さんがベイトキャスティングに右ハンドルを勧める理由もココに関連しています。

ちなみに18アンタレスDCMDに付いていたハンドルと12アンタレスDCに付いていたハンドルの重量を比較してみると

12アンタレスDCに付いていたハンドル 31.39g

18アンタレスDCMDについていたハンドル 45.11g

その差 13.72g

そりゃあ、、キャストもしづらいですよね、、(^^;

今までキャスト練習を続けてきて、こんな基本的なことに気づかなかった自分が恥ずかしいですww

そしてその仮説をもとに各パーツを見直し、リールのバランスを調整してみました☆

18アンタレスDCMD

そもそも18アンタレスDCMDのボディ剛性は12アンタレスより劣ると感じているため、金属ノブは絶対付けたいという気持ちがあったためこの設定になりました☆

そしてリールのセンターバランスの取り組みを必要としてるリールがもう一つ

12アンタレスSVS∞

このハンドルセレクトについて説明すると長くなるのですが(;^ω^)

12アンタレスはボディ剛性は高いものの、リール自重とギアボックスが重いです。

よりリールのセンターバランスを目指すが故に金属性のハンドルノブの搭載を諦めたことやスタードラグ、メカニカルサイズの関係からロングハンドルを選択するしかなかったことをご理解ください。

そして

・リールのセンターバランス

・リール自重の軽量化

・スプール重量

・ブレーキシステム

これらを考察した2つの最強リールが誕生しました☆

左:12アンタレス

(最新SVS∞アベイルスプールブランキング)センターバランス化カスタム

右:18アンタレスDCMD

(スプールブランキング重量調整カスタム&17エクスセンスDCブレーキユニット)センターバランス化カスタム

当たり前のことなんですが、タックルが軽量化することで振り抜きやキャストスピードは向上します。

そしてリールバランスがセンター(中央)寄ること、ロッドバランスが手元に来ることでキャストのブレが軽減されます。

おそらくこれが最後の戦いになることが予想されます。

これまで、発売している飛ぶと言われているハイエンドベイトリールのほぼ全てを触って

カスタムしては実際に投げてきました。

遂に全ての戦いの決着がつきます。

全てのベイトリールの中で

”世界一飛ぶベイトリール”

「軽く投げて、ただ飛ぶ。」

ライト~ヘビールアーもバーサタイルにノートラブルに遠投が可能

そんなベイトリールをこの10年ずっと作りたかった。。

→StreamDriver チャンネル登録

釣具ならAmazon

Yahoo!ショッピング

ないものはない!お買い物なら楽天市場

リールのセンターバランスについて” に対して4件のコメントがあります。

  1. stream-driver より:

    メロンさん

    実は私は普段はリール横にするんですが、遠投する時リール上に向けちゃうんですよね、、笑
    包丁で固い物を切るときに親指を包丁に立てることと同様で、私はその方が力が入ると思ってます♪

  2. メロン より:

    お疲れ様です。

    これは、私の考えですが

    投げる時の重心
    右ハンは↑
    左ハンは↓

    になると思います。
    そうすると、ギヤBOXとハンドルの重い左の方が、
    重心が下になるはずです。

    つまり、キャストが安定し易い気がします。

    先日、カルコン300右ハンドルを投げた時、
    なんか投げにくかった。
    MDの場合は問題ありませんでしたが・・・

    遠投にはどっちが投げやすいか検証する必要があります。
    まあ、慣れてしまえば大差は無い気もしますが・・・

  3. stream-driver より:

    しさおさん

    いや、私もセンターバランスなんて全く考えて来なかったですww
    私は村田さん左ハンドル推しの理論とは離れた考えがあるので、センターバランス化をしてますが、村田さん的には右ハンドルリールはバランスが右ハンドル側にあった方が良いのかもしれません☆
    ん?スタコンハンドルですか??
    何か違うのか調べてみますね♪

  4. しさお より:

    センターバランスですか
    あんまり考えて無かったですね

    俺自身右ハンドル使ってるって左程の影響ないのかなと思いもしましたが

    もしあれでしたらスタコンハンドル貸しましょうか?
    92か94です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)