ブルーアンタレスの復活

Pocket

どうもこんにちは!

今回は

ブルーアンタレスの復活

ということで

以前の記事

→【号外】蒼の主星“12アンタレスDC“爆誕

で紹介していたものの

その後のカスタム工程にて、泣く泣く出番が無くなっていた“ブルーアンタレス“を復活させようということで

細か過ぎて伝わらない手術にとりかかったお話しをしたいと思います。。笑

そもそもの“ブルーアンタレス“はDCリールであったため、取り付けるためにフレーム等々丸々を交換していたり、オフセットハンドルを取り付ける為にメカニカルキャップやスタードラグ等々を交換していました。

そのため

端的に申し上げると

ブルーアンタレス“を復活させるために、既存の遠心12アンタレスとDC12アンタレスを融合させて、リールバランスを整えてパーツを組み替えるという作業を行いました。

これにより遠心12アンタレスを軽量でバランスの良いリールにグレードアップします。(DCはスプールがもう無いため)

ちなみに、、

12アンタレスはおよそ10年前のリールということで、リールバランスが悪かったり、純正のメカニカルキャップやスタードラグではオフセットハンドルが装着出来なかったんですよね(^_^;)

私みたいなリールカスタム好きの方は12アンタレスをカスタムする際には度々この問題に直面してきたことと思います。

まぁ、、

細かいことは置いておいてw完成したリールはコチラです↓↓

ブルーアンタレス

-Blue Antares-

アンタレスのリールボディには
蒼の主星“ブルーアンタレス“搭載
ハンドルは18アンタレスDCMDのオフセットハンドル
ハンドルノブはリブレの限定ブルーfinoノブ

スタードラグとメカニカルキャップはアベイル製

分かる人には分かる、、

純正スタードラグよりも長い圧倒的に回し易いスタードラグ

オフセットハンドルとの絶妙な距離感

コンパクト化されたメカニカルキャップ

リールバランスが改善されて、操作感もUP❤︎

12アンタレスの特徴は圧倒的ボディ質感と
全てを映す鏡面ボディ

あらためて・・・

12アンタレスはとてもカッコイイリールだと思います☆

19アンタレスも以前使用しましたが、それと比較しても物凄く12アンタレスが手にフィットする理由は

側面に丸いブレーキダイヤルがないことなのかな?と思います。(私の手の大きさかな、、)

コレばっかりは今のメインリールである18アンタレスも敵いません。

また、DCブレーキには無い特徴として

とても静かなブレーキ音(遠心ブレーキ)のため

近距離でのサイトフィッシングなどでも魚へのプレッシャーを抑えることが出来ます。

バスフィッシングなどで足元の魚を狙っているときにはとても有効ですよね☆

ついでとはなりますが・・・

もう一台所有している18アンタレスも若干グレードアップさせまして

巻き取りパワー重視のシングルハンドルに変更
18グラップラープレミアムのシングルハンドルであります☆

他のグラップラーと比較すると丸めで優しい形状で、色も唯一ダークネイビーでとても18アンタレスに合うのでオススメです!

少しハンドルを回しただけで、魚は掛けていませんが

PE3号以上の太糸を巻いて

ワールドシャウラ1954R-3と合わせれば

最強の磯ベイトタックルとしても大いに活躍出来ることでしょう♪

(行けるタイミングがなくてインプレ出来ずすみません、、笑)

アベントゥーラ59と合わせれば

ボートシーバスのビッグベイト専用タックルとしてもバッチリ!!

(何気にビッグベイト専用DC∞ブレーキカスタムしてます)

こうして”3台の究極のアンタレス”が誕生した

まず1台目は

圧倒的キャストキングとして君臨している
超軽量スプールとDC∞ブレーキ搭載の
18アンタレスDC∞MD(HLCカスタム)

2台目は

中近距離低弾道静音キャスト仕様の12アンタレスXG
(ハイギア化、超軽量スプール&最新SVSインフィニティ搭載)

3台目は

ジギングでも活躍するパワー重視18アンタレスDC∞MD
(ビッグベイト専用パワーブレーキカスタム)

この

“遠投重視“

“静音接近重視“

“パワー重視“

この3種のアンタレスがあれば

私の求めるベイトリールの性能としては

完全に死角無しであります!!

余談ですが、写真を撮影したら
ハンドルノブに∞文字が浮かび上がる奇跡発生ww

2021年5月12日現在

ベイトリールの開拓

果てしない野望への挑戦は終焉なのか・・・

何度釣行に行っても、何一つ不満も生まれない、、

究極のバーサタイル

どんなルアーも投げて爆飛び

操作して最高、掛けて最強

敢えて言うならば

左手の腱鞘炎と右の利き肩に痛み(四十肩?)を併発しており、自分自身の体に不満がありますww

【追伸】

21アンタレスさん、、そしてそのユーザーさん

そろそろ時期的に全モデル出揃うと思うので

どうにか、ワクワクさせてくれませんかねぇ、、?笑

→StreamDriver チャンネル登録

 

釣具ならAmazon

Yahoo!ショッピング

ないものはない!お買い物なら楽天市場

ブルーアンタレスの復活” に対して2件のコメントがあります。

  1. stream-driver より:

    ドドウェイさん

    いやぁ〜ホント度スケベなものでww
    結構並べて写真撮っちゃうあたり、客観的にみると変態です(^^;;

    そうなんですよ!ベイトリールって機構としては簡単な癖にスプールやらバランスやらブレーキやら、メンテナンスで別物にも変身する凄い道具なんですよね!
    メンテナンスも今は色々情報も出ているので、ホント恵まれていると思います☆
    色々やったからこそ分かりますよね〜!
    それで釣果が変わる、この道具で魚がとりたい、そんで魚は無限大、、

    沼が過ぎます、、笑

  2. ドドウェイ より:

    アンタレスの集合写真は素敵を通り越してエッチやなと思えますw

    リールカスタムやらなんやらの入り口辺りに差し掛かった程度ですがやりたい事ややってみたい事が溢れてきてたまりません

    これまでは分解やオーバーホールを業者に任せていましたが自分でやるも決めて自分で試行錯誤しながら弄るのが本当に楽しいです!
    勿論やってみて上手くいかないこともありますし悪くする事もあるでしょうけど自分で考えたり調べたりして行ったことなんで次に繋がって行きますしね!スピニングと違って分解からの組み立てが大して難しくないので弄る楽しみが無茶苦茶デカイのが本当の魅力なのかもしれませんね

    勿論投げてるだけで楽しいんですけどね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)