究極のカルカッタコンクエスト誕生

Pocket

皆さん、大変お待たせしました☆

あの究極のアンタレス誕生から約1か月、、

第3世代SVS∞の凄さを日々実感しているところであり、実際に試した読者様からは歓喜の声も聞こえてきているところです☆

そして今回!!

巻きの最高峰「15カルカッタコンクエスト201HG」にも第3世代SVS∞を取り付けることにしました☆

→15カルカッタコンクエスト 徹底 インプレ

15カルカッタコンクエスト201HGの各スペックをおさらいしますと、、

■ギア比6.2

■最大ドラグ5.0キロ

■リール自重265g

■一巻きあたりの糸巻き量78cm

■スプール径40mm

■スプール幅20mm

■アベイルスプールのラインキャパシティ16lb100m(実際巻こうと思えば、2号170mくらい巻けます)

■マイクロモジュール

■ハガネボディ

■エキサイティングドラグサウンド搭載

■海水対応

カルカッタコンクエストの特筆すべきは、、

間違いなく大口径の40mmスプールの採用にあります☆

ギア比が6.2というトコロで大口径40mmスプールを採用することにより

1回あたりのライン糸巻き量を確保しながらにして

高剛性なボディを纏うことにより

究極の巻き心地を実現したと言っても過言ではありません。

しかし、、

どうしても釣りはリールを一つロッド1本を選択しなくてはなりません。。

カルカッタコンクエストを一軍リールとして使わなかった理由

・ボディが丸形で大きく、キャスト時に強く握り込めない。

横からリールを見た画像です。

ご覧のとおり、リール本体には丸形リールゆえに厚みがあります(;^ω^)

私がロングキャストをするにあたり、一番大切にしていることは実は握り込みでして、、

握り込みが甘いと力が適正にロッドに伝わらず、ミスキャストやバックラッシュにつながります。

ひとたび、ロープロファイルリールのアンタレスと比較してしまえば、キャスト時に握り込みの弱さが際立ってしまうのです。

リーリング時はむしろカルカッタが良いんですけどね☆

・リールの本体重量が重い

リール自重が265gと重く、実際にアンタレスと比較してもタックルが重く感じてしまいます。

タックルの飛距離と軽さを重視する私にとっては、本体重量が気になります。

・レベルワインドが近く、ブレーキを緩めたロングキャストがしにくい

分かり易い画像として12アンタレスとレベルワインドの位置を比較してみてください。

カルカッタコンクエストはスプールが大口径なのに加え、圧倒的にレベルワインドの位置が近く

レベルワインドの左右の位置でキャスタビリティが異なる現象があります。

メーカーはほとんどキャストに影響ないと言ってるようでうが、これに関しては自信を持って

「レベルワインドの距離はキャストに影響が大きい」

と言い返したいところであります。何を言ってんだ!?( ゚Д゚)

1回1回レベルワインドの位置に気を配ってキャストすることはしたくないのです。

以上、の点からカルカッタコンクエストを1軍リールとして採用してきませんでした。

そして実際に飛距離もアンタレスには到底かなうものではありませんでした。

しかし今回、大口径スプールに最新SVS∞を搭載することにより

ブレーキを強くしても、大口径スプールならではのノビが得られて結果的に飛距離が伸びるのではないか?

(第3世代SVS∞の特徴は後半のノビであるため)

一抹の期待を込めて

これが、、

こうなり、、

遂に、、

第3世代SVS∞を搭載した

究極のカルカッタコンクエスト」が誕生しました!!

変更点は2つ

・第2世代SVS∞のブレーキユニットを第3世代SVS∞のブレーキユニットに交換

・第2世代ブレーキパイプを第3世代ブレーキパイプに交換

これにより12アンタレス同様に最高のキャスタビリティが実現できるでしょう♪♪

さぁ飛ばせ!!

究極のカルカッタコンクエスト!!

最初に投げたのはお馴染みの”K太58サスペンド”

キャスト、スパーン

この静音性、フィーリング、後半のノビ

さすが第3世代SVS∞!!

やっぱり最高ですww

一応計測しておくかということで

1投目 39.5m

2投目 39.4m

3投目 41.2m

3投平均 40.03m

これまでの結果をまとめてみると、、

第3世代SVS∞12アンタレスXGMD×ワールドシャウラ17113R-2    44.83m

第3世代SVS∞12アンタレスXGMD×エクスセンス∞806M/R      43.00m

第2世代SVS∞12アンタレスXGMD×エクスセンス∞806M/R      41.56m

第3世代SVS∞15カルカッタコンクエスト×ワールドシャウラ17113R-2 40.03m

このようにカルカッタコンクエストは飛距離としてアンタレスに迫ってきてるなと感じます☆

正直、第3世代SVS∞を搭載したアンタレスカルカッタコンクエストの両者は、

一誠HLCスプールや、レイズカスタムスプール搭載のジリオンTWとは、比べモノになりません。

とまぁ、、

ライトプラグはこの辺にして

大口径スプールのメリットを活かすために

私はこのルアーを買ってきたのです↓↓

ジャッカル ラスパティーンTG 40g

滞空時間が長ければ長いほど、大口径スプール搭載のカルカッタコンクエストが有利になることは確実。

とりあえず投げてみますかと第1投

キャスト!!シュパーーーーーーーーーーーーーン!!ボシュ!!

飛ぶねぇ、、良いね☆

しっかし、かなり反動来るな、、さすが40g、、(普段40gは殆ど投げません)

こっから慎重にブレーキ落としていかないとと

第2投

キャスト!!グキィ( ゚Д゚)!グハッ!-------ン!!ボシュ!!

・・・

・・・

しばし悶絶、、”(-“”-)”

・・・

右肩から首に掛けて激痛、、

・・・

一旦座ろう、、

やべぇ、、これは

痛めた。。笑

~キャストテスト終了~

その後

自宅に帰ってから服も自分で脱げない事態に、、(;・∀・)

ということで、、

究極のアンタレス究極のカルカッタコンクエストの対決

究極と究極のホコタテ遠投決戦再戦未定となりました。

暫く安静にしてゆっくり治しますww

釣具ならAmazon

Yahoo!ショッピング

ないものはない!お買い物なら楽天市場

究極のカルカッタコンクエスト誕生” に対して19件のコメントがあります。

  1. stream-driver より:

    やまひでさん
    どうもです☆
    暫く怒涛の更新していきますのでお楽しみに〜(^^)

  2. やまひで より:

    stream-driver 様、

    やまひで です。
    ご回答ありがとうございます!
    ヒントありがとうございます。
    シマノのHPから、分解図PDFをダウンロードして眺めてみます!

    また、記事を楽しみにしてます。

  3. stream-driver より:

    やまひでさん
    はじめまして!ブログ見て頂きありがとうございます♪

    カルコン良いですよねぇ☆私もかなり今のカルコンは使い易くて気に入ってます!
    ちなみに明日の10時30頃に新しいカルコンの記事をあげるので読んでみて下さい!きっとカルコン好きには喜んで頂けると思いますww
    第3世代SVSの改造の情報はですね、私だけの一存では実はお伝え出来ないんですが、ヒントならお答えできます。
    ブレーキユニットの形がやや機種によって違いますし、ブレーキパイプも長さ等が違いまして
    パーツ表で睨めっこして頂くと必要なパーツ、同じパーツ等々分かると思います☆
    結論から言うとカルコンは他の機種に比べて悩むことは少ないので簡単ですよ(^^)これで良いですかね、、笑

  4. やまひで より:

    初めてコメントさせていただきます。

    カルコン購入検討してまして、記事を何度も見て楽しませて貰ってます!ありがとうございます。

    SVS第3世代に改造が気になってます。
    下記の情報頂けると助かるのですが、
    秘密でしょうか?

    ユニット、パイプは、どの機種のものですか?
    ※ユニットは、中古などからの移植は理解してます。

    どうぞ、宜しくお願いします。

  5. stream-driver より:

    Macさん
    どうもです☆
    カルコン調整の幅が気になりますよね〜!あとレベルワインドもw

    どちらもパーツは無加工のまま付きますよ☆あとは経験と工夫次第で適正なものと位置を探してください♪

    近々レベルワインド問題が解決する予定ですので、お楽しみに!

  6. Mac より:

    初見ですが気になる記事でしたのでコメントさせて頂きます。

    ブレーキユニット、ブレーキパイプいずれも無加工で交換可能なのでしょうか?

    第2世代SVSのブレーキ調整幅に不満をもっておりまして(*^^*)

  7. stream-driver より:

    しのさん
    どもです!ブレーキのパイプだけは買えますが、ユニットは中古のスプールかなんかに付いてるのを移植する感じですね☆
    仰るとおりで40mmスプールの15カルコンと言えど、12アンタレスには飛びで及ばないんですよねぇ〜笑
    実際に飛距離計測すると現実を突きつけられますね(^◇^;)

  8. しのさん より:

    カルコン改造いいですね!このブレーキパーツだけお店で注文して買えるんですか?最近カルコンはサーフヒラメ用に使用中なんですがやっぱりアンタレス と比べると飛びがイマイチなんですよねぇ

  9. stream-driver より:

    ヤマトさん
    ある程度予想はついた結果なので、この先使うことがあるかは検討中ですけどねw
    そうなんですよ、この前ナイトゲームで巻くのが早くて、たまにコメントくれるツジさんに、巻く早いっすよ言われました!
    カルコンくらいの方が良いんでしょうねぇ♪
    キャストで使うにはやはり少し重いです(^◇^;)
    あぁ、、誰かカルコンのスプールがないって嘆いてましたね!
    廃盤ではないと思うので、入荷待つしかないですねぇ、、

  10. ヤマト より:

    いつもお世話になっています。
    カルコンにも第3世代とは…
    カルコンすごくかっこいいですよねー
    特にナイトゲームでは最大巻上長78なんでマッチするんですがやはり握り込みが私もあっていなく手が小さいので指痛くなります…
    この記事見てたらまた欲しくなってきました。
    ただアベイルスプールがどこにも売ってないんですよねー

  11. stream-driver より:

    しさおさん
    そぉなんですよ(^◇^;)年々老いているなぁって思いますw
    ベイトタックルオンリーで出来るアングラー人生も短いのかもしれませんね!(*⁰▿⁰*)

    ここまで体に負荷を与えられるようになったんだ!と楽観的にとらえます☆はは

  12. マコト より:

    ブルーヘブンのインプレ、今から楽しみにしているんです
    はよ春になってほしいw

    そうですね、今こそアベイルからスプールを出す時なんですよね
    これ以上引っ張って20メタが発売されて夢屋からスプール出ちゃったら…もう勝ち目は無いでしょうね!

    それでも僕はアンタレスが好きなんですけどねw

  13. しさお より:

    お疲れ様です
    これでやらかしたのですね( ̄▽ ̄;)
    とりあえずお大事になさってください┏○ペコ

    ブルーヘブンはもっと負荷くるはずなので
    筋トレ頑張っていきましょ(笑)

  14. stream-driver より:

    マコトさん
    私はやはりブルーヘブンが気になって仕方ないので、軍資金を春に向けて作らなくてはです^_^
    ここでアベイルから19アンタレスのスプールが出たら下手したら20メタと人気が二分になるかもしれませんね☆
    アベイルも今がスプール出し時だと思います。
    でも個人的に用途考えると20メタに軍配いきますね〜多分ww

  15. マコト より:

    そうですよねぇ
    オシコン用は出ないでしょうねぇ_(:3 」∠)_
    もし発売されたらオシコン買って試してみようとは思いますが(^ω^)

    19アンタレス用、アベイルでめちゃくちゃ軽いスプール出してきたら良いのに
    どうせ小さいアンタレスならフィネスルアーをキャスト出来るレベルに肉薄する位にw
    普通に考えると34mmでそれは無理だと思うんですが、37mmで5gキャスト出来ちゃう例もあるから変に期待しちゃいますw

  16. stream-driver より:

    マコトさん
    もともとカルコン200で100mデビューしたのでロングキャスト時の握り込みの違いは痛いほど実感してます☆
    握り込みがアンタレス同様のレベルで出来ればもう少し飛ぶかもしれませんね。それを変えるには丸型を捨てるしかないかと(^◇^;)
    オシコンのアベイルは、、
    なんかこの先も出ないんでしょうねぇ、、(T . T)
    ってかそろそろ19アンタレスのスプールを各メーカー出しても良いころだと思うんですがねぇ?

  17. マコト より:

    確かに握り込みはロープロの方が
    圧倒的に良いですよね
    丸型で爆投したことないので未知ですが…
    イメージだけでもやりにくそうですw

    しかしオシコン用のアベイルスプールを待っている間に19アンタレス用のアベイルスプールが発売されそうですよねw

  18. stream-driver より:

    マコトさん
    どうもです!笑

    そうですね!!某匠の腕にかかってますし、私自身もまだ諦めた訳ではありませんww

    この前話した丸型リールがゆえのデメリットは握り込みです。ホントにキャストスピードが変わってくるので私にはやっぱりあってないのかもしれません(^◇^;)怪我するしww

    オシコンのナロースプールは可能性を感じさせてくれますねぇ♪♪

  19. マコト より:

    お疲れ様です

    まだ究極では無いかもしれませんよ
    例のブツが上手く加工出来て無事装着出来れば…多少抜け感が良くなると思います。

    嗚呼、アベイルのスプールにオシコン200の設定があれば…事飛距離だけでいえばカルコンを駆逐出来たかもしれないのに_(:3 」∠)_

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)