究極のベイトリールの真骨頂

Pocket

どうもこんにちは!

今回は

究極のベイトリールの真骨頂

ということで

先日の

→アンタレスでベイトフィネス

そして更に

IXAダブルボールベアリングを搭載したことで

とんでもない

スプールレスポンスと回転性能をまとった

究極のベイトリールの実力をお伝えします!

唐突ですが、、

足場の高い、水深のあるフィールドで釣りをする場合

皆さんはリールの性能に何を求めますか?

巻き感度?

飛距離?

操作性?

おそらく人それぞれ色々あると思いますが、、

私は断トツで

フォール性能とハイギアを意識しています。

というのも

魚は当たり前に足元に居ますし、水深の深い場所ではルアーのフォールに対する反応はすこぶる良い

沖を広く探る為にも同じルアーでも早くフォール、そして早く回収出来る、バイトを感じて即フッキングに持ち込む

そう

ルアーをいち早く自然にフォールさせられる、スプールレスポンス

素早く、ラインメンディング、強いフッキングを可能にさせる超ハイギア(遠投先での最大一回転巻き取り量の確保)こそが

足場の高い、水深のあるフィールドで釣りをする場合に

ベイトリールに課せられた命題なのです。

そして飛距離は出るに越したことない、、

皆さん意外と知られていない事実と思いますが、シマノのDCブレーキはスプール低回転時にはブレーキが作動しません。

つまり

ルアーを自然にフォールさせる性能はスプール重量さえ軽ければ、より自然にルアーをフォールさせることが出来るのです。

どんな遠心ブレーキにもマグネットブレーキにも出来ない芸当が此処にはあります。

これは隠れたDCブレーキの凄いところ。

現時点では純正のスプールが重い(21アンタレスも同様)ため、その恩恵にあやかれる人は少ないですが、超軽量のカスタムスプールを使うことで別次元のフォール性能まで得ることが出来るのです。

それでは具体的に

足場の高い、水深のあるフィールドって何処なのよ?って話ですが、、

そう

ズバリ!!

″沖堤″です!!

渡船でいく海上の沖堤防

ここでこそ!

超軽量スプールを搭載したカッ飛びDCハイギアベイトリールが無双する。

■岸壁ジギング(ストンとジグをスライドフォールさせることが肝)

■沖のベイトの群れを直撃するロングキャスティング性能

■バーチカルにルアーを操作するフォール性能と遠投先での超ハイギア

想像出来ますでしょうか?

一度使い出したらもう離れられない。

この快適さ

ジグヘッドを沖のカタクチイワシの群れに当てこんでフリーフォール

ゴン!!

岸壁ジギングでナチュラルなスライドフォールからの

ゴン!!

素早い巻き上げから誘い出すリアクションで

ゴン!!

誰も届かないベイトの群れまでジグを届けて

ハイギアとタックル操作性を活かしてアクション

ズドン!!

岸壁ジギングは色んな魚がヒットします!→ウミタナゴ

ライトルアーに切り替えて、カサゴ沢山、イシモチも!!

シーバスは5匹キープして8匹GET、1匹バラシ

(イシモチとシーバスを他の釣り人と交換しました☆)

バラシが少ないのもベイトタックルの利点です♪

私はエサはやらないので、全てルアーでの釣果です。

当日は渋くても、リールが良ければ

チャンスは増えます!!

これこそが究極のベイトリールの真骨頂!!

私はいつも道具に助けられてます。

いつもありがとう

そして

これからも宜しく

→StreamDriver チャンネル登録

釣具ならAmazon

Yahoo!ショッピング

ないものはない!お買い物なら楽天市場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)