19アンタレス 情報解禁

Pocket

1月10日です。

この日を待ち望んでいた方もファンも多いのではないでしょうか☆

シマノ NEW19アンタレスの情報解禁日です!!

12アンタレスを愛用しすぎている私からしても今回の19アンタレスにはとても期待していました!!(過去形…泣)

内容や写真はシマノの黒田健史氏のブログからの引用ですが、個人的な意見も含め今日は書いていきます♪♪

黒田健史氏の 19アンタレス インプレッション

今回のモデルチェンジの内容をまとめてみますと

・スプール

37㎜径スプール → 34㎜径ナロースプール

・ブレーキ

遠心旧型SVS∞ → 遠心新型SVS∞(メタニウムMGL、バンタムMGL等に搭載のもの)

・ライン

3号(12lb)120m → 12lb 100m

・自重

225g → 220g

・ギア比ラインナップ 2種類 

ノーマル 5.6 → ノーマル 6.2

ハイギア 7.4 → ハイギア 7.4

・見た目

12アンタレス(私の)

19アンタレス

ここまでとりあえず、モデルチェンジということで12アンタレスと比較してみましたが、皆さんもお気づきのとおり…

全っ然コンセプトの違うリールになってしまっています(;ω;)ウッ…

今回の19アンタレスは以前のアンタレスARの再来という位置づけのようです。

私としてはアンタレス

「他を圧倒する遠投性能とロープロベイトリール最強の剛性」を求めているので非常に残念ではありますが、「今回はAR(オールラウンド)ね」と納得することに致します…笑

黒田氏も言っていますが、今回の19アンタレスの最大の特徴はなんと言っても

34㎜径ナロースプール(MGLⅢスプール)でしょう!

画像上のスプールが19アンタレスの、34㎜径ナロースプール(MGLⅢ)

下のスプールがこれまでの34㎜径MGLスプール

今までの34㎜MGLスプールと比べて幅狭(ナロー)になり、深溝になったことが考えられます。

ここで、私は触ったことがないので憶測ですが、ナロースプールになり、更に深溝になったことでスプールの総重量は確実に以前より軽くなっていることと思います。なので正直スプールの回転レスポンスは上がっているということも言えるでしょう☆(※スプール重量を量れないのであくまで憶測です)

しかし、幅広スプールには幅広スプールなりに良いこともあります。

・キャスティング時にスプールが痩せるのを防ぐこと(キャスト後半の飛距離に伸びがでる)

・スプールが痩せによるハンドル一回当たり糸巻き上げ量の低下を防ぐこと

つまり幅狭(ナロー)にしたことで

・ごく僅かだがキャストした後の1回巻き上げ量は減る

・スプールレスポンスは上がったが、スプール痩せによるキャスト後半の伸びが減る。

とこれまでの19アンタレスは言い換えることもできます。(34㎜径MGLスプールと比較して)

スプール重量は絶対的なものですが…

スプール幅の幅狭、幅広とスプールの浅溝、深溝の関係は全て一長一短ということです(*´з`)

加えてコチラの写真をご覧ください。

左が19アンタレス34㎜径ナロースプール(MGLⅢ)

右がバンタムMGL34㎜径浅溝スプール

皆さん何か気づきませんか??

なんと!!!

穴が…

穴がぁ…

穴がない…

スプールの慣性モーメントの約10%ダウンを達成し、約20%の飛距離アップをマークしたスプール側面への穴開けが、、、

無くなっている!!

個人的には衝撃過ぎて、眠れそうにありませんw

もはやMGLⅢスプールなのにMGLスプールではない…

むしろ穴開け忘れちゃった?って感じです。

ブログを書いていて、19アンタレスのことがよく分からなくなってきました。。笑

高い剛性を誇る34㎜径スプール搭載の16メタニウムMGLと18バンタムMGLが世に存在する今、遠投専用ではない19アンタレスがどんな立ち位置となるのか、、私個人の判断では

19アンタレス

キャスト後半の伸びは落ちるが、スプールレスポンスが良く(スプール側面の穴がないので一緒くらいか?)と剛性の高い16メタニウムMGL

と考えています。

※18バンタムはレベルワインドとスプールの距離が近く、巷で評価がイマイチなため。16メタニウムはレベルワインドとスプールの距離が離れています。

皆さんもリールのスペックや特性をよく見て判断してください。あくまでも、私の印象でしかありません☆

私はこのブログを書けば書くほど、37㎜スプールの遠投、剛性最強の12アンタレスの後継リールを熱望してしまいます。

どうかシマノさん!

12アンタレスのモデルチェンジをお願いいたします!!!

最後に現在の私の12アンタレスのブレーキシステムを公開

リールに反射する綺麗な青空が見えていますか?

2代目SVS∞アベイル軽量スプールを搭載した12アンタレスであり、更に14カルカッタコンクエスト、15クラド、15アルデバランのブレーキシューを加工してあります。

→12アンタレス 徹底 インプレ

しかし、以前の記事と比べてブレーキシューの配置が変わっていることにお気づきの貴方!!!

その通り、ブレーキ設定を一から見直してあります。

少し前のベイトタックルで楽に100mOverの記事はこのブレーキ設定の見直しがあったからと言っても過言ではありません。 

現在のところ、遠投、剛性最強のアンタレスだと自負しています。(※16アンタレスDC、他リールも使用して)

「ブレーキ設定でここまでリールは変わる」

アナログの遠心リールだからこそ到達できるカスタムの極致だと思います。

最後になりますがもう一度言わせてください。。

どうかシマノさん!

12アンタレスのモデルチェンジをお願いいたします!!!(>_<)

→StreamDriver チャンネル登録

釣具ならAmazon

Yahoo!ショッピング

ないものはない!お買い物なら楽天市場

19アンタレス 情報解禁” に対して2件のコメントがあります。

  1. stream-driver より:

    ども初めまして☆
    読んで頂きありがどうございます(^^)
    私も遂に7年越しにモデルチェンジ来るかと思っていただけに、拍子抜けしてしまいましたw
    ダイワの34は惜しみなくスペックを詰め込んで使いやすいリールを作っているかつ、販売戦略も上手いですよね☆
    今度のスティーズCTSVTWなんかも女性や子供、手の小さい人には特にうってつけの仕様ですし!
    12アンタレスの使用後のケアですね。
    私は毎釣行後にリールからスプール抜いて、メカのフタも取って、水でバシャバシャ洗ってます☆あまりにもラインが汚れたと思ったら一回巻き取ってコーティング剤かけながら巻き直してますね。こんなメンテですが、写真の通り綺麗なままです。
    一回交換出来ない部品(ローラークラッチ)にサビが出来てしまったのでシマノに出して交換してもらいました。
    一応ベアリングは全て海水対応のモノに交換済みです。
    その後は問題なく使用してます。
    今度メンテナンスについても記事にしてみますね!
    今後とも宜しくお願いします☆

  2. ヤースベイダー より:

    初めまして。
    ブログ、楽しく読ませてもらっています。
    自分もアンタレスの新型、待ち望んでいましたが、少し期待していたものと違いましたね(^◇^;)
    スティーズAとかダイワの34φが好調なのでそれの対抗なのでしょうかね?
    一つ、質問させて欲しいのですが12アンタレス、使用後のケア、定期メンテナンスの内容とスパンはどの程度でしょうか?
    自分はバチからマイクロベイト用のアンダー10グラム用にこの19アンタレスを考えているのですが淡水専用の文字が気になります(DCMDで海水対応にしたんだから継承して欲しかったです)
    12アンタレスも淡水専用ですよね?
    不具合内容ならメンテナンス方法参考にしたいので教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)